前へ
次へ

離婚裁判で女性が男性弁護士に依頼するとき

結婚をすればそれぞれ互いに信頼しあうようになるでしょう。
妻にとっては一番信頼できる男性が夫であり、夫も妻を一番信頼しているはずです。
しかし信頼関係が崩れれば一転相手のすべてに疑問を持つかもしれません。
特に夫が浮気をしたために離婚を考える妻にとっては、夫だけでなく男性すべてに不信感を感じてしまうときもあります。
ただ離婚裁判のためには弁護士に依頼をしなければならず、男女において圧倒的に多い男性弁護士に依頼しなければいけない可能性が高いです。
弁護士は男女とも公平な目線で相談者の話を聞き、相談者の希望に沿った解決ができるよう対応してくれます。
ただ男性不信の感がある女性であれば女性の職員がいる弁護士事務所に行くと良いでしょう。
女性弁護士以外でもカウンセラーや事務の受付などをしてくれる人がいて、場合によってはその人を通じて男性弁護士に話をすることもできます。
離婚裁判を経て解決するには長い時間が必要な時もありますが、女性職員がいれば弁護士が男性でも安心して相談ができるでしょう。

Page Top