前へ
次へ

離婚裁判を有利に進めるためには

離婚裁判を申し立てるためには、離婚調停を申し立てることが前提となります。
これは調停前置主義と言われ、家事事件手続法によって決められており、最初から離婚裁判を申し立てることは出来ません。
また離婚裁判には、夫婦関係調整事件不成立調書なる書面が必要になります。
そのため勝手に裁判を起こすことも不可能となっていると知りましょう。
この離婚裁判には必要な要件がありこれらには、相手側に不貞行為があったことや、相手による悪意ある遺棄があった時、相手の生死が3年以上判らない時、相手が強度の精神病にかかり回復の見込みがないこと、婚姻を続けるには重大で困難な事由があることなどが上げられます。
この裁判には弁護士なしで望むことも可能ですが、すべて自分で行うことになり法律に詳しくなければ出来ません。
費用がないと言うことになると、相手側の弁護士が有能であった時などは、完全に相手ペースの裁判になってしまうことになりかねません。
裁判を有利に進めたいと考えるならば、専門家である弁護士に依頼することが最良の方法になるはずです。

Page Top