前へ
次へ

離婚裁判で気になる住宅ローンとは

夫婦が離婚をする時に別れる事だけに最初は集中してしまいますが、実際に別れるとなると財産分与の事等を考える必要がでてきます。
プラスになる財産であれば、話し合いもスムーズに進みやすいですが、住宅ローンの場合は揉める可能性があります。
住宅ローンは住宅を建てる時に組む人が多いですが、離婚裁判をする時に住宅ローンで揉めるケースが考えられます。
所有している住宅等を売却した時に利益がでたり、マイナスにならないケースであれば、夫婦で簡単にプラスの分を分割できますが、そもそも住宅ローンを組んで建てた住宅を売却したく無い場合は、ローン負担や所有権等について話し合う必要があります。
また所有権の無い方でもどの程度の財産分与を受け取れるのか等を考える必要がありますから、色々と大変です。
住宅を売却しても住宅ローンが完済できないケースでは、夫婦の何方か片方が住み続けながら、住宅ローンの完済を目指すのが一般的になります。
住宅ローンが残っている住宅は財産価値が無いので、財産分与の対象になる事もありませんから、離婚裁判でも、すんなり話が進みます。

Page Top