前へ
次へ

女性側が離婚裁判をするなら女性弁護士がいいか

多くの国家資格においては取得における性別制限はなく、弁護士においても男性でも女性でもなれます。
男性弁護士の方が割合としては多いのでしょうが、若い女性弁護士も多くいるでしょう。
離婚を考えている女性が離婚裁判を見据えて弁護士に相談しようとするとき、男性弁護士がいいのか女性弁護士がいいのか悩むかもしれません。
女性弁護士に相談するメリットとデメリットを知っておくと選ぶときの参考になるでしょう。
女性が依頼するのであれば女性弁護士の方が相談しやすいメリットがあります。
女性目線の悩みは女性でないとわかりにくいこともあり、男性には言えないようなこともどんどん言えるでしょう。
離婚裁判ともなると相手と戦うことも大事なので、一緒になって戦っている女性弁護が心強く感じるときもあります。
男女において一般的に言われるのが女性は感情的になりやすいとの点で、あまり感情的な女性弁護士だと勇み足になる可能性があります。
冷静な判断をしてくれる弁護士の方がいいと言えるでしょう。

Page Top