前へ
次へ

明確な離婚原因があるなら離婚裁判を検討

離婚の理由として多いのが性格の不一致です。
結婚する前に一定期間おつきあいをして性格が合うかどうかを確かめるのでしょう。
その期間は数年のこともあれば数か月やほとんど確認しないまま感覚だけで結婚を決めることもあるようです。
ただ長い年月において互いの性格が変わることもあるでしょうから、その時にはどちらかが我慢をするのか離婚をするのかの選択が必要です。
性格の不一致は離婚における明確な原因とはされないので離婚裁判はできません。
離婚裁判を行うのに大事なのが明確な原因があるかであってこちらは民法において決められています。
いくら離婚をしたくても原因がはっきりしていないと裁判に持ち込めないので、話し合いをするしかないでしょう。
離婚を考えたときはまず法律事務所に相談をしてみましょう。
当方の話し合いだけで行えるのか、調停や裁判を行う必要があるのかなどを教えてもらえます。
弁護士が裁判をすれば勝てる可能性があると判断したときに裁判を検討すると良いでしょう。

Page Top